今年のモリタロウは何処へ行く?


by moritaro_nakama
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

<   2006年 12月 ( 10 )   > この月の画像一覧

お勧め

http://blogs.yahoo.co.jp/cyclovision2005
シクロクロスミーティングのことならココ
埼玉県人の二人が安曇野動画で紹介されています。
要チェックや!
古いか・・・
[PR]
by moritaro_nakama | 2006-12-31 20:28

山遊び

c0086693_20334846.jpg

日曜はマウンテンライド
まだまだ知らないトレールが有りとても新鮮でした。
ちなみに日曜もロッキーマウンテンのELEMENT!
中沢さんには違う!って言われちゃうけどフリーライド仕様。
激上り以外は思いのままです。
お蔭様で、だいぶELEMENTに慣れました。
あとはリズムかな?
最初のひっかかりはスポイル感があるけど走り始めリズムが噛み合うと押し出される感覚があり巡航性能は高くリジットと違う区画が速い。
一言で言うと乗れば乗るほど深く味がある感じかな?
[PR]
by moritaro_nakama | 2006-12-26 20:33

日没前には!

c0086693_1885446.jpg

ランデブーダウンヒルするまえにパチリっと一枚。

写真ではわかりにくいですが、相当日が落ちてます…
[PR]
by moritaro_nakama | 2006-12-22 18:08

赤城やま

c0086693_18135033.jpg

今回も、また例のごとく二人。
しかしトレールツーリングになるはずだった…







しかし状況は一つ目の山で一変した。
ルート選択が全て裏目に下りを担ぎ下りしたり道崩落で回避ルートを通たりしていたら山の反対側へ行ってしまった。
あんなに近くにあった赤城山があんなに遠くに…
舗装路に出たものの帰る為には山の外周をグルーーーーっと回らないといけないので余計に時間と体力を浪費してしまうだけなので再度、別ルートでアタックを開始すべく上るルートを探すが中々見つからなく山と平行移動を続ける。
しかも平坦路ならまだいいのだがアップダウンを繰り返す山坂道…
体力と時間をだいぶ使いなんとか大沼に向かう元有料道路にたどり着き急いで上る。
しかし食料は尽き、水も尽き果てた状態での先の見えないヒルクライムは想像以上に厳しくフラフラになりなが大沼に到着。
大沼は午前中には降っていなかった雪が降り始めており極寒
売店で水分とエネルギーを補充!し疲れた身体に鞭をうち旧道を目指した。
この時点で15時過ぎでダートで帰るか舗装で帰るかを判断する時間は4時前に設定しひたすら上る。
どうにかLIMIT前に入口に着いたのでダートにてダウンヒル決行!
ほとんど下りなので凄まじく速い。
今回は赤城神社に下るか赤城温泉に下るかの最後のルートセレクトで赤城温泉をセレクトしたお陰で日没前に舗装路に出ることが出来た。
あれで赤城神社ルートをセレクトしていたらニュースな人になってたかも?
とにかく無事に帰ってこれてよかったです。


写真は最初のルートセレクトミスした山のピーク付近の風景です。(この時点ではその事に気付いていない…気付いた時には引き返せないところまで下りてしまっていたので…)
大沼が一望出来るとても見晴らしのいいところでした。
二度と自転車では行かないけど…

今回、来年乗る予定のロッキーマウンテンの07モデルのELEMENTを借りて長時間試乗させてもらいました。試乗したのはアルミ+カーボンバック前後100ミリストロークのオールマウンテンよりのバイク自分のはスカンジウム+カーボンバック前後80ミリストロークなので少し違うけど、結論から書くとスゲーの一言に尽きる。
というのも久しぶりのマウンテン+全く初めての自転車なのによう走る走る。
前後100あるとは思えない位に上り、下りのストローク感はそれ以上。
約8時間の行程になった今回、自転車から受けるストレスが少なく舗装の走りもダートの走りスムーズに走り抜いてくれた。
より来年用マスィーンが楽しみになりました。
仕様もほとんど決まったので、あとは打ち合わせのみ!
一月には届くといいなぁ~(希望的観測)
早く乗り込みたい
それ以前にクロカン用マウンテンが現時点で無いという現実が…
くまったぞ!
[PR]
by moritaro_nakama | 2006-12-19 18:13

今年は

今シーズンはマウンテンはランキングを落としたもののJ2ながら完走し、シクロクロスでは全日本で6位となった。
かなり厳しいシーズンながら現状を考えると思っていた以上に数字を出せたと思う。

しかし来年はこのポテンシャルのままだと確実に成績は出ないので、今まで以上に高効率で練習をこなし来年はよりアグレッシブな走りが出来るようなるべく開幕戦まで練習していきたいと思っていますので来年めよろしくお願いします。
[PR]
by moritaro_nakama | 2006-12-15 15:10

コレクターズアイテム

c0086693_7325782.jpg

時代の先を走っていたチネリのステム一体型ハンドル?ハンドル一体型ステム。
去年はシクロクロスの代車で使用してました。
利点はエグイルックスと握り心地もかなりGooです。しかし難点が…
ハンドル幅とステム長の選択肢がないという点だす。しかも所有しているのは1インチ…

殿堂入り決定!
[PR]
by moritaro_nakama | 2006-12-15 07:32

上山田

今シーズン最終戦となる上山田。
今回も先週の全日本と殆ど変わらない強烈な面々が集合。
シクロクロスミーティングは毎回、日本の123が参加するので全日本をやっているような状況。
厳しいがレベルが高いので凄く楽しい。

レースはというと二列目スタートで平坦舗装路なので直ぐに一列棒状になりダートに突っ込んで行く。
集団前方だったがダート区間で中切れ。
脚が有れば挽回も可能なのだが第二集団から抜け出せる脚も無く、第二集団に居座る。
前から池本さんが落ちてきてそれを吸収し第二集団はライタさん、池本さん、イイズカッチ、セイゴ君そしてモリタロウの五人。途中で集団が分裂した際に池本さんイイズカッチは前にセイゴ君は後ろに後退し集団は細分化された。
それからはライタさんと二人でランデブー。
しかしテクニックの差が出てしまい、いいように使われてしまい残り二周回となったところで自分が失速させてしまったところで差が埋められなくなり7位で単独ゴールと相成りました…
最初からガンガン行くつもりが脚足らずで試したいことが試せませんでした。

来年はもう少し頑張ってみます。

応援ありがとうございました
来年もよろしゅ~お願いします。
[PR]
by moritaro_nakama | 2006-12-12 21:05
走ってまいりました。
苫小牧開催の全日本シクロクロス選手権。
スタートは約40人弱
セレクションポイント順なので三列目スタート。
と言っても四列弱しかないですが…


スタートはスローペースで一列棒状にはならずダンゴ状態で途中から優勝候補二人が担ぎ区間に入る前に抜け出るといった展開。
自分はというと中央の三列目だったので集団の中西埋もれてしまったので外に出てポジションアップ。
担ぎ区間手前で自転車を降りたとこアスファルトは凍っている上にシューズのソールも硬くなっていたので逆エビ状態に…
なんとか体制持ち直し担ぎ区間終わりには10位前後に順位を立て直すが、ここから先はシングルトラック区間なので思うように抜くことが出来ず集団は細切れになりトップとどんどん差が開いている状況。
池の周りを走るフラット区間でチーム員の埼玉県人山辺ッティーニと合流前を追おうとするがタイミングが合わず一人で前を追う展開になってしまった。

この状態は自爆系で危険と思いながらも、今日は走れる気がしたので単独で前のイイズカッチと三船プロを追う。
2対1の不利な展開だか周回を重ねるごとに差は縮まり、どうにか吸収。
しかし脚を休めることなく軽く前を引き三船プロと先頭交代をし担ぎ区間で前に入らせてもらい走り易いポジションを確保しシングルトラック区間で引き離しにかかる。二人はローディなのでシングルトラック区間はアドバンテージがあり徐々に離れていく、追撃の為協力体制を組まれたら一撃必殺だったが、そうでも無いと読みひたすら平坦区間は呼吸を整えながら踏み回す。
高速2連シケインは路面凍結の上 高さもあり間隔が歩幅と合わず毎回足首が折れそうになりギクシャクしてしまったがそこそこのスピードでクリア
残りの周回は前にいるであろう丸山選手、竹之内選手を追走するも捉えることも差を縮めることも出来ず、そのままの順位でフィニッシュ。
順位は総合6位でした。
フイードを引き受けてくれた北海道民に感謝でした。応援ありがとうございました。
トップとの差はありますが想像以上の結果を出すことができました。

次も頑張ります!
応援よろしくね!
[PR]
by moritaro_nakama | 2006-12-04 22:25

苫小牧

シクロクロス全日本の苫小牧にきてます。
スタート順は二列目です。
ピットも現地の方が引き受けてくれ準備は万全!

全力を尽くしてきます。
[PR]
by moritaro_nakama | 2006-12-02 21:26

全日本選手権

今年も来ました。
全日本選手権!
マウンテンと違い誰でも出れません。
カテゴリー1じゃないと出れません。
しかも今年は北海道… 違う意味で誰でも出れません。

去年初めて参加しパンクで何も出来ずに終わった悔しさがあるので今年はガンガン行きます!

本気だよ。
代車もなんとか持って行けることになったしね。
(ムラタさんセイゴ君ムリ言ってゴメンね。あとありがとう!)

やるきゃない!

ではでは明日の早朝に旅立ちます。
[PR]
by moritaro_nakama | 2006-12-01 21:07