今年のモリタロウは何処へ行く?


by moritaro_nakama
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

<   2006年 11月 ( 9 )   > この月の画像一覧

野洲川

野洲川のカテ1は50人がエントリー。

2列目スタート、第一コーナーのアウト側に場所を取る。
スタートダッシュをするもペダルを拾えず第一集団後方待機。
UCIポイントが絡むだけあって無茶苦茶本気度が高くスピードも並じゃない。
安曇野の疲労で完全に立ち上がりのスピードに付いていけない。
完全に踏み負けていてスピードに乗らずズルズルポジションを落としてしまう。
いつもならスピードの乗せられる区間も遅くはないが速くもなく、一時ポジションを13位に落としてしまい。
走ることに集中力出来なくなってしまったが中盤から持ち直し二人をかわすもポイント圏内に入れず痛恨の11位で終わりました。

中弛みしてしまったことが反省点でレースの間、集中し続けることが出来れば、さらに上位に食い込めるだろう。

全日本はそこに注意していきたい。

応援ありがとうございました。
[PR]
by moritaro_nakama | 2006-11-29 19:13

安曇野

行ってきましたよ強行スケジュールで…

機材:ムラーカEOMクロスモリタロウすぺしやる

ホイールとタイヤは今回もキシリウムにビットリアの34C(空気圧2、7)

コースは自分が一昨年参加した時とは大分様変わりしていたが相変わらず超高速コース。
アウタートップが42×12なのでギアが足りなくなるだろうと思いながら試走を2周しノンビリ、スタートを待つ

今回カテ1は15人が参加で長野らしい濃いメンツが揃っていた。

スタートして5秒弱で砂利の直角コーナーなのでコーナーに対してアウト側にスタートの位置を確保して、いざスタートの合図!
やはりギアが足りないし前に数人いる為ブレーキをかける時間が長く無駄に脚を使ってしまった。

しかし今回は前回と一味違う。
それは今シーズン2回目のレース!
この辛さにもカラダが対応してきているので辛いなりに走れる。
まだ重いギアはかからないが脚がよう回り体がシクロクロス車に慣れて動きが柔らかくなってきた。
しかし砂場区間でタイヤをとられ1周目は足を付いてしまった。
ここは最初の踏ん張りドコと思い踏み倒し集団のスピードに乗せる。
田んぼ区間も乗車でクリアし一桁前半で超高速シケインに飛び込む。
しかしスピードにビビリ、ブレーキをかけるが田んぼの泥で全くブレーキが効かない。
お蔭さまで体が後ろに残ってしまい危険なシケイン越えになってしまったがどうにかクリア。
その後は同チーム員の山辺ッティーニとオガサワラ選手とのバトル?山辺ッティーニが途中砂場区間で集中力を無くし後方へ下がったりオガサワラ選手が前に抜け出したりと展開はあるもののファイナルラップまで、三人にて走行。
モリタロウはというとファイナルラップの砂場区間で足を付きスピードを持ち直すことが出来ず数メーター離され、そこからオガサワラ選手のアタックが入り山辺ッティーニが反応するも及ばず…
ラストのモリタロウのモガキも山辺ッティーニには届かずでゴール。

リザルトは
1位辻浦選手(ブリジストンアンカー)
2位小坂選手(スワコレーシング)
3位小笠原選手(OgaStyle.COM)
4位山辺ッティーニ(チーム埼玉県人)
5位モリタロウ(チーム埼玉県人)
以下不明…
何%に入ったかも不明です。
とにかく疲れた…
皆さんお疲れ様でした。
[PR]
by moritaro_nakama | 2006-11-24 08:41

安曇野

明日は安曇野

more
[PR]
by moritaro_nakama | 2006-11-22 17:00 | シクロクロス
日曜日はシクロクロスミーティング第二戦霧が峰に参加してきました。

天気予報通り下は雨・・・
上るにつれて場所の名前通り霧が深くなり、雪もぱらつき始めてきた。

自転車は今回、二台持ち込み、タイヤはビットリアの34Cとチャレンジタイヤ32Cを用意。
(今後は泥用にグリフォネーべの28Cwo用意する予定。)
最強に寒い中試走を一周だけしてスタート時間を待つことに
自転車に乗ると全く暖まらないのでランニングを軽くしてアップにした。
ただ、スタートラインで並んで待っているだけで冷えちゃったけどね。

コースは高低差は激しくないがウッドチップで全然自転車の進まないコース。
パワー系コースで得意なハズだったけど、体がかなり重い。
標高が1000Mオーバーだからかな?

スタートはそこそこに抑え前が見えるくらいに留める。
そこから徐々にかましをかけポジションアップをていたがウッドチップ区間で失速したところに負けたくない相手のKレーシングYにかわされる。
付いて行きたいが完全に路面の重さに負けてスピードが乗らず徐々に離されてしまう。
後ろでの○○○スタイルのO選手も苦しいそう・・・
というかすでに嫌になっている感じ・・・
O選手も人間なんだと思いながらもペダルを踏み続けるも踏み切れず完全に離されてしまう。

あとは一人TT状態で走り続け何人かとサイドバイサイドをしては抜かれていき10位/28人中でゴール。

リザルトは出ましたが予想通り90%に入れていませんでした。
http://www.ina.janis.or.jp/%7Eyano/cyclox/CCM002.CSV
次、頑張ります。

応援ありがとうございました。
[PR]
by moritaro_nakama | 2006-11-20 22:34 | シクロクロス

ヤマサイ用

c0086693_2116023.jpg

日曜日に埼玉県人ミーティングでヤマサイしました。
こいつで…






有り得ない位辛いです。マウンテンでフロントインナーギア入る坂もヤマサイ用チャリはフロントギア34T…


最初はいいけど無理です。
常にスプリントで坂のピークでゼーハーゼーハーですよ。
ロードやマウンテンでは味わえ無い苦痛を久しぶりに味わいました…


正直なとこ一時的な負荷はマウンテンの比ではありません。

そして埼玉県人ミーティングならではです。
一人では100%ここまで追い込みはかけられません。

二年前はもう少し楽だったはずだったのになぁ~

速くなると楽になると勘違いしていると思いますが全く違います。
よりスピードが速くなるので、さらにキツクなります。
自分は自転車乗っていて楽だと思ったことは一度も有りません。

辛いです!
しかし!それと同じかそれ以上に楽しい。
だからいい!

結論は自転車は楽しい乗り物ということ!
[PR]
by moritaro_nakama | 2006-11-16 21:16

ムラーカマウンテン引退

c0086693_20553943.jpg

二年間レースに練習に山を走りまわってくれた、このフレームも引退となります。
○○温泉帰り一度は瀕死の状態になったものの、鳩山某工房の職人技で見事蘇った思い出の一本なので殿堂入り決定じゃ!

このフレームのお陰で厳しいレースを走れ、今日の自分があると言って過言ではありません。
本当に苦しい時期を共に走ってくれた、愛着のあるフレームです。
ただこの二年間に受けたダメージは大きくヘッド回りからクラックらしきものが…
次のシーズンを越せないと判断しました。
今までありがとう~ね。
ゆっくり休んでくれ!
また苦しい時は助けてね!
山サイ用に何か用意しないと冬を満喫できないな…
[PR]
by moritaro_nakama | 2006-11-16 20:55

ツールドタマ

先週の土曜日にコアなMTBイベントに参加してきました。
海外です。
パスポート持ってないけど…


というのも米軍所有の敷地内のイベント
事前登録と入る時にIDが必要
少し前だったらIDもなかったからやばかったよ。

とにかく、なんとか、おかげさまで中に入れました。
しかしその日の体調は最悪で発熱と凄まじいゲリ…

気を緩めると緩んでしまい気を抜けない状態。
とりあえず見学目的で現地まで行くことにした。
現地に到着すると少しは気分が良くなってきたので、せっかくだから試走をしてみることに


コースはよく作り込まれていて主催者の熱意の伝わってくるようなコースで楽しいコースだった。

一応というか試走の準備をした時点で殆ど参加の意志は固まっていたが意思に反してお腹のご機嫌は斜め
これにレース中我慢出来るかが最大のポイントだ。

まぁ~ごちゃごちゃ考えても前に進まないので出ることにしてスタートラインへ並ぶ。
ゼッケン順なので後方待機しスタートの合図とともに前に飛び出すが不発…

仕方なく開けた舗装路上りでアタマを取る。
しかしローディ体型のいかにも速そうなアメリカ人が付いて来た。
元々お腹がギュルってきたらリタイアするつもりだったのでので振り払うべくペースを下げずガンガン攻めたら何とか振り払えたが自分にダメージが…
二周目を終わったあたりでアタマも朦朧となりオーハバにペースを落としてしまったところにナカザワジム期待の高橋君にかわされ…愚痴以外は漏らす事なくどうにかブッチギリの二位にてゴール
最終ラップ(四周目)は体調不良でほとんど水分以外口にしていなかったので完全にハンガ~ノックでヘロヘロでした。

まぁ~こんな状態で走るのが久しぶりだったので中々修業になりました。
次回の四月はは体調万全で臨みます。

かなりクローズなレースなので興味のある人は御一報下さい。
[PR]
by moritaro_nakama | 2006-11-10 12:02

クロス

c0086693_1718143.jpg

シーズンインしましたね。
今年も辻浦選手と小坂選手が飛び抜けているように見えます。
今年の全日本もきっとワンツーでしょう…
自分のクロスも仕様が決まりました。
今年はキシリウムを投入!ベアリングをNTN製の特殊なタイプに交換したスペシャルです。
有り得ないくらい回ります。
タイヤはビットリア34Cです。
今年は狙います!
何を?
[PR]
by moritaro_nakama | 2006-11-06 17:18

フォーク

c0086693_743193.jpg

前に書きましたが、リドレーのロードに去年から乗っています。
フォークが特にお気に入り
最近他社も採用してきている。
ヘッド下をフォークから大口径化してある。(上はオーバーサイズ)
それによりオーバーサイズでは味わえ無い剛性が生まれるのです。
今まで乗ったロードにない安定感です。
ベントしているのでブレーキングに対しては高剛性であり振動吸収性は高く完成度が非常に高いです。
ダモクレスやノアに標準のストレートフォークではなくベントフォークに変更しているプロ選手がいるくらいだしね。
とにかく絶妙です。

何を言わんとしているかというとリドレーが気に入っているってこと!
手前みそな話でした。
[PR]
by moritaro_nakama | 2006-11-01 07:43